指導方針
コース案内
小学生プログラム
中学生プログラム
高校生プログラム
能力開発プログラム
メンタル強化
わくわく文庫
夢☆自分年表
My Gaol
速読・速聴
その他プログラム
キャッシュフローゲーム
親のための子育て心理学講座
イベント情報
  1. Home
  2. おススメ教材
  3. 中学生|英語

中学生 英語

1日1分!眺めてわかる英語の本 [単行本(ソフトカバー)]

石崎 秀穂(著)

価格\1,512 通常配送無料          お勧め度:

内容紹介:

「英語は日本語で考えよう!」「SVOCを簡単に理解しよう!」「ちょっと上の内容にチャレンジ!」で構成。常に日本語と英語を比較して学習する。

コメント:

英語が苦手、よくわからないという学生には特におススメです。英語は暗記する科目だという今までの勉強法とは異なる考え方を教えてくれる参考書になります。これを一通り読み終えるころには英語が何となくわかったような気がするという感じに英語の全体像が見えてきます。これですべての英語ができるようになるということはないが、英語の全体像が見えるということは、他の参考書を理解することが容易になります。この本は英語をやろうという気にさせてくれる一冊でです。

基本にカエル英語の本 英文法入門 レベル1 [単行本]

石崎 秀穂(著)

価格\1,728 通常配送無料          お勧め度:

内容紹介:

わかりやすい日本語とイラストで、英文法の仕組みを学習。「理解すべきこと」と「覚えるべきこと」を切り離すために、「覚えるべきもの」は一番最後にまとめ、英単語は、すべて「ヒント」に掲載。理解できたかどうかを確認できるように、レッスンの後には「確かめよう!」や「まとめ」を収録。

コメント:

上記の英語の本を読み終えたら完璧にその内容が身に付いていることはないのが現実である。そのためにはその考え方をもとにした演習を繰り返す必要がある。そして基本にカエル英語の本はまさにその演習ができる一冊である。内容は非常に簡単な単語使って誰にでも容易に理解できるよう内容になっている。

基本にカエル英語の本 英文法入門 レベル2 [単行本]

石崎 秀穂(著)

価格\1,728 通常配送無料          お勧め度:

内容紹介:

わかりやすい日本語とイラストで、英文法の仕組みを学習。「理解すべきこと」と「覚えるべきこと」を切り離すために、「覚えるべきもの」は一番最後にまとめ、英単語は、すべて「ヒント」に掲載。理解できたかどうかを確認できるように、レッスンの後には「確かめよう!」や「まとめ」を収録。

コメント:

上記の英語の本を読み終えたら完璧にその内容が身に付いていることはないのが現実である。そのためにはその考え方をもとにした演習を繰り返す必要がある。そして基本にカエル英語の本はまさにその演習ができる一冊である。内容は非常に簡単な単語使って誰にでも容易に理解できるよう内容になっている。

基本にカエル英語の本 英文法入門 レベル3 [単行本]

石崎 秀穂(著)

価格\1,728 通常配送無料          お勧め度:

内容紹介:

わかりやすい日本語とイラストで、英文法の仕組みを学習。「理解すべきこと」と「覚えるべきこと」を切り離すために、「覚えるべきもの」は一番最後にまとめ、英単語は、すべて「ヒント」に掲載。理解できたかどうかを確認できるように、レッスンの後には「確かめよう!」や「まとめ」を収録。

コメント:

上記の英語の本を読み終えたら完璧にその内容が身に付いていることはないのが現実である。そのためにはその考え方をもとにした演習を繰り返す必要がある。そして基本にカエル英語の本はまさにその演習ができる一冊である。内容は非常に簡単な単語使って誰にでも容易に理解できるよう内容になっている。

中学3年間の英文法がこの1冊でいっきにわかる もう一度 中学英語

石崎 秀穂(著)

価格\1,728 通常配送無料          お勧め度:

内容紹介:

◆英語の「学び直し」に最適な1冊!
社会人になったいま、学生時代に学んだ英語をもう一度やり直したい…。そう考えている人は多いでしょう。 専門用語をなるべく使わず、やさしく解説する本書は、「英語を学び直したい人」に最適な1冊です。
◆「3つのステップ」を通じて、英文法を丁寧に解説!
英語をやり直すためには、「英文法」は必須の知識。 本書では、英語の文型(SVOC)に着目します。具体的には、日本語の文章を「1区切り」→「2並び替えて」→「3英語にする」という「3つのステップ」を通じて、中学3年間で学ぶ英文法のキモを、くどいくらい丁寧に解説します。
◆「横のつながり」がわかれば、「芋づる式」に理解できる!
学校英語では、「形容詞」「分詞」「不定詞」のように、項目を「独立」して学習してきたと思います。 これらはまるで「別もの」のように見えますが、「形容詞」を難しくしたのが「分詞」であり、「不定詞」であるというように、実は「横のつながり」があります。 品詞の「横のつながり」がわかれば、バラバラに見える各テーマも「芋づる式」に理解できるため、本書では、常に「横のつながり」を意識できるように工夫しました。

ページトップ

Copyright © 2013- 水戸学ゼミナール All Rights Reserved.